図研会会員詰将棋創作集 第1輯: 将棋実力アップ古典シリーズ005 Kindle版

図研会会員詰将棋創作集 第1輯: 将棋実力アップ古典シリーズ005 Kindle版




詰将棋第三弾!!
「図研会会員詰将棋創作集 第1輯」は、藤井四段の登場で大ブームの将棋の高度な実力をつけることのできる名著です。
佐賀聖一、村山隆治、藤井朗、岡田秋霞、松本守正、土屋春雄、岡田紀郎、麻植長三郎、有馬康晴、土屋健の詰将棋作家達による、当時の詰将棋の精鋭が創作した極めて難度の高い詰将棋です。
あなたもチャレンジしてみてはいががでしょうか。

「昭和の初期から大東亜戦争の末期までの詰将棋界は、当時松本市で発刊されていた、『将棋月報』という詰将棋専門誌が牛耳っていたと云っても過言ではあるまい。そしてその中から幾多の俊才が芽生え、抜群の才能を惜しまれつつ(略)。曰く、酒井桂史、藤井朗、岡田秋霞、佐賀聖一、北村研一、有馬康晴らである。また朝日新聞紙上で活躍した、アブリ出し図式の渡辺進という青年も、忘れられない人である。これらの俊才が、私の詰将棋における恩師である、土屋健、里見義周の両氏とともに、今日の隆盛を誇っている昭和詰棋壇の基礎を開拓したのである現代の若き詰将棋作家達は、”温故知新”という論語を充分に咀嚼して、先達の作品を鑑賞して欲しいと思っている。楽しませる作品の見本でもあり難業苦行の足跡でもある。」(古今短編詰将棋名作選より引用)

本書は、将棋の実力をアップしたいひとたちのために、将棋の古典シリーズをkindle用に編集した復刻版です。
将棋実力アップ古典シリーズ005

■著者
土屋健
氏の健はペンネームであり、本名は杳といった。伊豆の大仁に住んでいたので伊豆彦というペンネームも、よく使用していた。昭和33年秋の狩野川台風により、一家全員が犠牲になった。「図式習作集」の著書がある。(古今短編詰将棋名作選より)

■底本
タイトル
図研会会員詰将棋創作集 第1輯
著者 土屋健
出版者 土屋健
出版年月日 昭和18(1943)
※このデジタル画像書籍は、底本の複製です。

※国立国会図書館ウェブサイトでインターネット公開(保護期間満了)となっている、著作権の切れた本の画像に修正・加工をくわえて、kindle用に読みやすくしました。
※読書端末によっては、ご覧になれないものもありますので、無料サンプルなどで確認してからご購入されたほうが無難かと存じます。

【画像版の説明】
この電子書籍は、書籍の版面を複写した画像版で、読みやすくしたデジタル復刻版です。
テキスト版ではありませんので、ご注意ください(版面固定型)。
なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをおすすめいたします(7〜8インチ以上のもの)。



イタリア語四週間: イタリア語実力アップ古典シリーズ001 Kindle版

イタリア語四週間: イタリア語実力アップ古典シリーズ001 Kindle版




「イタリア語四週間」は、発音、名詞及び名詞に付添う品詞を説明し、主として動詞のことに移り、会話、手紙、長文訳読にまで学習できます。また毎日の課外に練習問題を課しているようです。

イタリア語実力アップ古典シリーズ001
「イタリア語実力アップ古典シリーズ」は、イタリア語が上達するための古典的な名著をあつめたシリーズです。

■著者
徳尾俊彦 1887-1942
徳尾俊彦は、日本のフランス語学者・イタリア語学者。1921年東京外国語学校フランス語科卒、大阪外国語学校教授、関西大学教授。陸軍大尉で予備役となっていたが応召し少佐。仏印に従軍し航空機事故で死去。フランス語、イタリア語の教科書などを多数執筆した。(ウィキペディアより)

■目次
第一週 / 1
1日 / 3
發音 / 3
2日 / 15
文法 / 16
3日 / 24
文法 / 25
譯讀 / 30
4日 / 32
文法 / 32
譯讀 / 38
5日 / 40
文法 / 40
譯讀 / 44
6日 / 46
文法 / 46
譯讀 / 52
7日 / 54
文法 / 55
譯讀 / 60
週末餘話「辭書について」 / 61
第二週 / 63
8日 / 65
文法 / 65
譯讀 / 73
9日 / 80
文法 / 80
譯讀 / 83
10日 / 92
文法 / 92
譯讀 / 95
11日 / 102
文法 / 103
譯讀 / 108
12日 / 117
文法 / 118
譯讀 / 119
13日 / 126
文法 / 127
譯讀 / 128
14日 / 137
文法 / 137
譯讀 / 139
週末餘話「音樂用語につき」 / 148
第三週 / 151
15日 / 153
文法 / 153
譯讀 / 158
16日 / 163
文法 / 163
譯讀 / 168
17日 / 174
文法 / 174
譯讀 / 179
18日 / 183
文法 / 183
譯讀 / 188
19日 / 193
文法 / 193
譯讀 / 199
20日 / 205
文法 / 206
譯讀 / 211
21日 / 217
文法 / 217
譯讀 / 224
週末餘話「伊太利につき聯想するもの」 / 229
第四週 / 233
22日 / 235
文法 / 235
譯讀「Geografia dell'Italia.I.」 / 236
23日 / 241
文法 / 241
譯讀「Geografia dell'Italia.II.」 / 244
24日 / 250
文法 / 250
譯讀「Geografia dell'Italia.III.」 / 252
25日 / 257
譯讀「Geografia dell'Italia.IV.」 / 257
26日 / 264
會話 / 264
27日 / 273
書翰文例 / 273
28日 / 282
歌 / 283
週末餘話「參考書」 / 289
附録

■底本
タイトル
伊太利語四週間
著者 徳尾俊彦 1887-1942
出版者 大学書林
出版年月日 1940 8版
シリーズ名
語学四週間叢書
※このデジタル画像書籍は、底本の複製です。

※国立国会図書館ウェブサイトでインターネット公開(保護期間満了)となっている、著作権の切れた本の画像に修正・加工をくわえて、kindle用に読みやすくしました。
※読書端末によっては、ご覧になれないものもありますので、無料サンプルなどで確認してからご購入されたほうが無難かと存じます。

【画像版の説明】
この電子書籍は、書籍の版面を複写した画像版で、読みやすくしたデジタル復刻版です。
テキスト版ではありませんので、ご注意ください(版面固定型)。
なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをおすすめいたします(7〜8インチ以上のもの)。



和文独訳新研究: ドイツ語実力アップ古典シリーズ001 Kindle版

和文独訳新研究: ドイツ語実力アップ古典シリーズ001 Kindle版




「和文独訳新研究」は、和文独訳が上達するための本です。
ドイツ語で試験を受けるための教材になるもので、ドイツ語検定試験や大学受験などで活用されるとよいかと思います。
とくに、ドイツ語で大学受験するのに大いに役立ちます。
この書は古典的といえるほど、古いものですが、当時のドイツ語の入学試験問題などはレベルが高く、現代のドイツ語入試問題よりも遙かに難しいかもしれません。
だから、本書をマスターすることで、ドイツ語作文の大学入試問題にはかなりの実力が涵養されます。
現在のドイツ語検定試験用の問題集では、現代のドイツ語入試問題には対応しきれない部分が多いのですが、本書は対応できる箇所が多いといえます。

ドイツ語実力アップ古典シリーズ001
「ドイツ語実力アップ古典シリーズ」は、ドイツ語が上達するための古典的な名著をあつめたシリーズです。

■底本
タイトル
和文独訳新研究
著者 佐久間政一 1885-1949
出版者 郁文堂書店
出版年月日 昭和4(1929)
※このデジタル画像書籍は、底本の複製です。

※国立国会図書館ウェブサイトでインターネット公開(保護期間満了)となっている、著作権の切れた本の画像に修正・加工をくわえて、kindle用に読みやすくしました。
※読書端末によっては、ご覧になれないものもありますので、無料サンプルなどで確認してからご購入されたほうが無難かと存じます。

【画像版の説明】
この電子書籍は、書籍の版面を複写した画像版で、読みやすくしたデジタル復刻版です。
テキスト版ではありませんので、ご注意ください(版面固定型)。
なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをおすすめいたします(7〜8インチ以上のもの)。